HOME > 建築士の方へ > 建築士会継続能力開発(CPD)制度
建築士の方へ

建築士会継続能力開発(CPD)制度

「CPD制度」と「専攻建築士制度」の概要

CPD制度」と「専攻建築士制度」は、まじめに努力している会員建築士を建築士会が応援する制度です。

建築士会継続能力開発(CPD)制度

建築士会CPD制度の概要

これまでのシステムを一新し、より利便性の高いICカードによる新システムを採用して、活用先の要望に応じて履修証明を容易に発行できるしくみとなります。
これまでの研修プログラムへの参加時にバーコードシールの配布と、バーコードを貼付したCPD手帳の提出によりCPD履歴を登録する方法を改め、研修プログラム参加時にICカード等による研修会場等での出席記録等により登録を行う仕組みに変更となります。
また、滋賀県建築士会会員証も兼ねております。

ICカード方式の採用とメリット

データ登録の流れ
データ登録の流れ
[図拡大]

ICカード方式を採用することで、

  1. CPDの単位を登録するための手帳の提出が
    不要となります。
  2. 単位登録に要する時間が大幅に短縮でき、
    ネット上で自身の単位の取得状況が確認できます。


CPD制度改正の新旧比較
CPD制度改正の新旧比較
[図拡大]
参加・登録費
参加・登録費
[図拡大]


認定プログラム

CPDプログラム形態分類表
CPDプログラム形態分類表
[図拡大]

滋賀県建築士会主催の講習会のご案内は
http://www.kentikushikai.jp/
日本建築士会連合会の認定プログラムの一覧は
https://jaeic-cpd.jp/
でご確認ください。
☆年間12時間以上の履修の推奨



建築士会CPDシステム 参加者用システム利用

建築士会CPDシステム/参加者用システムでは、次のことが利用できます。

  1. 取得単位数の確認
  2. 認定教材の設問への解答
  3. ポートフォリオの作成
システム利用のための初期登録

はじめてに、このシステムを利用するための IDとパスワードを登録する必要があります。
以下のURLからシステムにアクセスしてください。
「参加者ログイン画面」の「参加登録」の文字をクリックし、「参加登録画面」に進み初期登録をしてください。
URL : https://kenchikushikai-cpd.jp/

詳細については、日本建築士会連合会の建築士会CPD制度参加者用ガイドライン
http://www.kenchikushikai.or.jp/data/cpd/cpd-manual.pdf
または、滋賀県建築士会のホームページをご覧ください。

インターネットができない環境にある方は、事務局で対応いたしますのでご連絡ください。

お問い合わせ先
公益社団法人 滋賀県建築士会
〒520-0801 滋賀県大津市におの浜1丁目1-18建設会館3階
TEL:077-522-1615 FAX:077-523-1602
E-mail :
URL : http://www.kentikushikai.jp/

ページ先頭へ