HOME > 行事予定 > DoシリーズNo.79蘆花浅水荘でワークショップ 〰ミニスツールの座面を編む〰
行事予定

DoシリーズNo.79蘆花浅水荘でワークショップ 〰ミニスツールの座面を編む〰

開催: 2019年02月09日(土)

 Doシリーズ№79 『蘆花浅水荘でワークショップ』~ミニスツールの座面を編む~
今回は、家具職人・スープファニチャー代表 雄倉高秋氏を講師に迎えミニスツールの座面をペーパーコード(紙紐)で編みオリジナルの家具
を作るワークショップを行います。街にあふれる大量生産の家具ではなく、オリジナルの家具を作成してみませんか。
またワークショップ会場は、予約なしでは見学できない日本画家の大家、山元春挙の別荘で、重要文化財『蘆花浅水荘(ろかせんすいそう)』となります。大正時代の作庭の自然の中に自己の芸術を表したという庭園は大津市指定の名勝です。ワークショップの後にこちらの見学会も行います。

 


開催日:平成31 年2月9日(土)13時~16時
開催場所:蘆花浅水荘(記恩寺)
大津市中庄1丁目19 番地23 号
募集人員:20名
参加費: 会員¥5,000 、会員外¥6,500
CPD単位:3単位予定


持ち物:軍手、ハサミ、ミニスツール(22 ㎝×22cm×22cm)の入る袋
タイムスケジュール:
12時45分 受付
13時~15時 ワークショップ『ミニスツールの座面を編む』
15時~16時 蘆花浅水荘(記恩寺)見学 邸宅の案内説明あり
16時15分 解散



(雄倉高秋氏 プロフィール)

1969年兵庫県生まれ。大阪で10年間の設計事務所勤務を経て、2002年に家具職人の道へ。

飛騨高山で家具作りを学び、スープファニチャーとして活動開始。

2006年に滋賀県大津市に自宅と工房、2011年にショールームをセルフビルドで完成させる。

パイン材や県産材を使用したオーダー家具・キッチン等を制作されている。

参加申し込みはこちらから

※申込受付は2019年01月31日までです。

[ 記事一覧へ戻る ]


ページ先頭へ